植物のある庭


建物を引き立てる樹木

建物のそばに植えられる木々はお互いが美しさを引き立て合います。

生き物の営みを支える植物たち。その感動を再認識できる身近な空間としての庭づくりは日々の暮らしに新鮮な潤いをもたらしてくれます。

限られたスペースのなかに自然をうまく取り入れることは、大変で難しいことに感じられるかもしれません。

しかしノウハウはあります。それは人が生活のなかで長年培ってきた知恵と工夫によるものです。

植物と触れ合うことが楽しくなればお庭はより身近になってきます。

お庭という環境


雑木と下草

お庭には生活に必要な機能を充実させることが重要ですが、さらに日々の生活に潤いをもたらすような環境をつくりだすことが求められています。

自然から離れすぎた暮らしは健全な心身を育むことができません。人工物に囲まれただけの暮らしは人を豊かにはしないのでしょう。

身近な住環境や街で、自然と共生できるような暮らしが求められています。

大きな樹木がもたらす安心感や周辺気候を緩和する環境効果は生き物の支えになり、植物の環境が充実することで、豊かな生態系が築かれます。

日々の暮らしにもおいても緑や花を感じることは生活に潤いを与え、癒しをもたらします。 

住まいの庭をより美しく、より楽しく、より身近に


サギソウ

自然を感じること、季節を味わうこと、花を愛でることは暮らしを豊かにします。

土に種をまけば芽が出るように、命のはぐくまれるお庭は単なる生活の外部機能の場だけでなく、日々の生活に潤いをもたらす無限の可能性をもつ空間です。

現代の暮らしは自然とのつながりが希薄になってきていると感じます。植物とふれあった記憶がどれほど少なくなったことでしょう。

お庭は自然とのふれあいをもたらしてくれる空間です。樹木の柔らかな佇まいや風にゆれる木漏れ日は懐かしくも新鮮な喜びをもたらしてくれます。

ひとはほかの生き物に思いをはせることができます。
カエルとあいさつ花にやってくる蝶
その感性をより豊かにはぐくんでいきましょう。

それにはもっと植物に触れることが不可欠といえます。そしてより楽しく、より身近にお庭造りに参加していただきたいと思っています。
 
お庭づくりは環境づくりといえます。長い年月を共にする住まいの庭にさりげなく自然を取り込んで豊かな生態系を構築していきましょう。

きっと、そこはあらゆる生き物たちにとっての楽園になることでしょう。

お庭と屋外空間


家はお庭というフィルターを通して外部の空間とつながっています。建物が違和感なく周囲の景色に溶け込むには植物のチカラを借りることがもっとも効果的です。

家の外とお庭がつながり、外とお庭がつながることで建物が景色になじんでいくのです。特に庭の正面部分は住まいの顔ともいえる部分になります。

そこは プライベートな敷地空間と公共の空間をつなぐ街並みの一部になるゾーンになります。

道路に面した植栽は家と周囲をより美しくなじませてくれます

そこに求められる考え方は

個々の建物との調和 + 街並みの景観 + 住み手の個性

が合わさったものになります。

特に街並みの重要性ということが注目されるなか植物を効果的につかい、道行く人が楽しめるような計画がふえています。

心をこめた設計プランの提案と丁寧な施工


お庭は家族の生活に深くかかわるものです。そこに暮らす家族が日々を快適にすごせるような環境であるべきと考えています。

そのために植物やそれぞれの素材の持つチカラをかりて、施主様と共にお庭という空間をつくっていきたいと思います。

施主様の思いのもと、お庭の作り手としての心をこめて設計のプランを練り、丁寧な施工をいたします。    

ハンモックをつけさせていただきましたボーダーガーデン

お庭の雰囲気は素材の組み合わせや、バランス、空間のとりかたで大きく変化します。そしてお庭ごとにそれぞれの条件や制約、お悩みなどがあると思います。  

それらを十分に考慮しつつ、総合的にデザインすることで、そこに住むひとが快適にすごし、日々を重ねていけるような理想のお庭をカタチにするお手伝いをさせていただければと思います。

憧れを実現させるといってもそのことに対しての疑問や不安もあることでしょう。

私たち庭師はお庭づくりのプロとしてお答えすることができるはずです。

そしてお庭がもたらしてくれる喜びを共有することができれば幸いです。

                              
お庭造りのながれはこちらへ

庭からひろがる世界


Gardenという言葉は守る、囲うという意味のGuardと、楽園という意味のEdenが合わさってできた言葉です。

大切な家族の暮らす守られた空間がより良い環境であるようにと、願いのこめられたお庭の意義は重要に思います。

風にそよぐ草花、やわらかい木漏れ日、季節を彩る花々。 自然とつながる暮らしは家族のこころを豊かにします。

居心地のいい環境づくりが庭づくりにつながって、家族の笑顔へとつながるのでしょう。

私自身、常にお庭と植物に関わってきたなかでの体験を通じて知りえたことや学んだことで自然に対する思いが強くなりました。

レンゲショウマ

生活の中で身近なお庭からこの環境を楽しんで、日々の潤いの一部にしてもらえれば幸いです。

「地球の姿を見たことのある」という経験は、人の意識を大きく変えたのだそうです。

この大地が、すべての生き物の楽園でありつづけますように。

Garden Earth

という願いをこめて・・・